にゃんたま

エンターテイメント系の情報、日常にちょっと役立つ情報、おもしろい情報をまとめていきます!

冬至のゆず湯の由来は?柚子湯のやり方にも決まりがあるってホント?

   

Sponsored Link

 

毎年12月にやってくる冬至に、
ゆず湯をする風習がありますね(●´▽`●)

「冬至といえばカボチャとゆず湯」
という人が多いかもしれませんね。

いい香りがしてリラックスできる
ゆず湯は冬至でなくてもやりたい!
という人もいるかと思いますが、
その由来ややり方はご存知ですか?

ゆず湯をするということは知っていても
その由来や正しいやり方を知っている人は
少ないんじゃないでしょうか。

そこで今回はゆず湯の由来とやり方を
まとめてみました。

正しいゆず湯のやり方を知って
今までよりさらにゆず湯を楽しみましょう♪

冬至のゆず湯の由来は?

もともとは運を呼び込むための
厄除けの意味合いがありました。

冬に旬を迎えるゆずは、
この時期が一番香りが強く、
強い香りのもとには邪気は
怒らないとされていたからです。

また、ゆずは実るまでに時間がかかるので
長年の苦労が実りますようにという
願いも込められています(●・ω・)

また

ゆず=「融通がきく」

冬至=「湯治」

という語呂合わせだったという
話もよく耳にしますね。

基本的に冬至に食べるものや
ゆず湯などには「縁起をかつぐ」
という意味があるようです♪

ゆず湯

ゆず湯のやり方は?

ゆず湯のやり方は、
家庭によってさまざまです。

一番簡単なのは

ゆずを丸ごと浴槽に浮かべる方法

ですね(σ・Д・)

でも1つや2つではなかなか
香りがしないので、少数ではなく
たくさん浮かべる必要があります。

少ない量で効果的に香りや成分を
楽しみたいという人は、輪切りや
半分にカットして湯船に入れる
という方法もありますが・・・

この方法だと実などが出てきて
浴槽に浮かぶので掃除が大変に…
という場合も(´・艸・`;)

そういう時はみかんが入っていた
ネットや、台所で使うメッシュの
ごみ入れなどにカットしたゆずを入れて、
浴槽に浮かべると良いかと思います♪

この方法なら香りも効能もすぐ感じられ、
しかも掃除も簡単です |・ω・)ノ

ぜひ試してみてくださいね!

Sponsored Link

敏感肌の方がゆず湯をする時の注意点

ゆず湯には入りたいけど
敏感肌だから肌が痛くならないか
心配…という方もいるかと思います(´Д`ι)

ゆずに含まれるリモネンという成分で
肌がピリピリしてしまうという人も
いるようです。

特にカットして湯船に浮かべる場合、
中の成分が出やすく、症状は出やすく
なるようです。

敏感肌の方は特に注意が必要なので、
ゆずはカットせずに丸ごと使うか
熱湯で30分ほど蒸してから湯船に
入れるといいですよ!

冬至のゆず湯まとめ

今回は冬至のゆず湯について
ご紹介しました。

いかがでしたか?

縁起をかつぐためとはいえ
香りによるリラックス効果も
絶大なゆず湯。

冬至の前後はゆずが店頭に出やすいので
試してみる価値はありそうですね!

ゆず湯で体を温めて、
存分にリラックスしてくださいね♪

スポンサードリンク

 - 冬至, 行事 , ,