にゃんたま

エンターテイメント系の情報、日常にちょっと役立つ情報、おもしろい情報をまとめていきます!

冬至の食べ物!「ん」がキーワード?!

   

Sponsored Link

 

2015年の冬至は12月22日(oゝ艸・)

あっという間にやってきますね。

冬至には「食べると縁起がいい」と
されている食べ物がたくさんあります。

「風邪を引かないようにかぼちゃを
食べなさい」というおばあちゃんの
言葉を聞いた人も多いと思います。

でも

「なんで冬至にかぼちゃ?」

なんて思う人も多いですよね。

また、冬至のかぼちゃ以外の
食べ物についてはよく知らない
という人も多いはず。

そこで今回は冬至に食べる食べ物を
ご紹介します!

冬至の七草とは?

冬至には、「ん」の2つつくものを
食べると風邪を引かないなどと
言い伝えられています。

特に、「ん」がふたつつく食べ物
7つで「冬至の七草」と呼ばれています。

  • かぼちゃ
  • にんじん
  • れんこん
  • ぎんなん
  • きんかん
  • かんてん
  • うんどん(うどん)

の7種類ですね(●・ω・)

・・・ん?

かぼちゃに「ん」なんてついてないよ!

と思う方もいますかね?

かぼちゃは漢字で書くと「南瓜」、
なんきんともよびます。

ここでは「なんきん」と言った方が
いいのかもしれませんね。

7品目すべて1日で食べるのは
容易なことではありませんが、
いくつかを使ったメニューに
挑戦してみてはいかがでしょうか?

かぼちゃ

冬至の七草、それぞれ冬至に食べる意味は?

冬至の七草に多いのは、
野菜ですよね。

冬になってこれから風邪を引きやすく
なる季節・・・

ビタミン豊富な野菜をたくさん
食べましょうという意味です。

冬至の七草の中でも一番有名なのは
かぼちゃですね。

かぼちゃには、ビタミンA・C・E、
カルシウムや鉄分などの様々な
栄養素がバランスよく含まれています。

かぼちゃを食べて病気にならない工夫を
することで冬を越すための準備を
していたんだそうです。

Sponsored Link

冬至の食べ物!本場中国では何を食べる?

冬至のもともとの発祥は中国(●・ω・)

今年は本場中国で食べられているものを
冬至に食べるというのもよいかもしれません♪

中国では、日本と全く違うものを食べます。

北部では餃子、南部・台湾ではワンタンが
定番なんだとか。

全然違いますね∑(。・Д・。)

確かにワンタンは「ん」が
2つ入っていますが・・

特にワンタンは、小倉餡を白玉粉で
丸く整えたものをスープに浮かべます。

なんだか日本のお汁粉みたい。。。

小豆は邪気を払うとされているため、
冬至に縁起担ぎで食べられるようですね。

冬至の食べ物まとめ

今回は冬至の食べ物について
ご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

現代人は「冬至」がどんな日かも
知らないかもしれないですね。

冬は確かに風邪を引きやすくなる時期。

予防のために栄養価の高い食べ物を
食べるのは効果的な風邪予防に
なるかもしれませんね!

毎年風邪に悩んでいる方は、
食べてみる価値があるかもしれません(・ω・*)

スポンサードリンク

 - 冬至, 行事 , ,