にゃんたま

エンターテイメント系の情報、日常にちょっと役立つ情報、おもしろい情報をまとめていきます!

冬至かぼちゃの由来は?なんで南瓜を食べるの?

   

Sponsored Link

 

冬も本番になり、冬至が近づいてきました(●´∀`)

冬至といえば「ん」の付く食べ物が
「運盛り」と言われ、食べると縁起がいい
とされています。

また、冬至かぼちゃといって、
かぼちゃも冬至に食べると
縁起がいいとされていますよね。

なぜ冬至にかぼちゃを食べると
いいといわれるのでしょうか?

あんまりよく知らない!という
人も多いかと思います。

そこで今回は冬至かぼちゃの意味と
由来についてまとめてみました。

冬至の由来について知識を深めて
冬至をより楽しみましょう!

冬至の意味と由来は?

冬至は、旧暦でいう二十四節気の
ひとつです。

一年の中で、一番日照時間が
短い日だと言われています。

毎年12月22日頃が冬至に当たり、
冬至が近づくにつれて昼は短くなり、
冬至が過ぎると次第に昼は長くなって
いきます。

ただ寒さは日照時間とは関係なく、
冬至が過ぎると一段と寒くなります。

かぼちゃ

冬至かぼちゃの意味と由来は?

「風邪を引かないように1つでも
冬至かぼちゃを食べなさい」

とおばあちゃんに言われたなんて
経験はありませんか?

「そんなのただの迷信だよ!」
と思っている人もいたかもしれませんが、
実はそうでもないんですよ!

かぼちゃは、ビタミンAやカロチンなどの
栄養素が豊富な、栄養価の高い食材です。

ビタミンAやカロチンには、
風邪を予防する効果があります。

また

「夏野菜のかぼちゃをなんで冬に食べるの?」

と思っている人も多いかもしれませんね。

実は、冬に食べるイメージがあるかぼちゃは
夏野菜。

でも長期間保存が効くことから、
冬に食べる野菜として保存されていたのが
「かぼちゃを冬に食べる理由」なんですね!

食料が乏しい時期に、重要な栄養源となった
かぼちゃは、無病息災の願いを込めて
食べられていた野菜のようです。

Sponsored Link

冬至の食べ物、かぼちゃ以外には何がある?

冬至には「ん」の付く食べ物を食べると、
運が上がると言われています。

にんじん、大根、れんこん、うどん、
きんかん、ぎんなんなどの食材のことですね。

煮物するのが一番おすすめですが、
ぎんなんは茶碗蒸しで食べるのが
一番オーソドックスです♪

また、なんきん、れんこん、にんじん、
ぎんなん、きんかん、かんてん、うんどん
(うどん)を冬至の七種と呼んでいます。

これらは「ん」がふたつつくことから、
運がたくさん呼び込めるといわれるんだそうです。

冬至にかぼちゃを食べる理由まとめ

今回は冬至にかぼちゃを食べる由来について
まとめてみました。

いかがでしたか?

これから冬が厳しくなるにつれて、
風邪を引きやすくなり、病気がちに
なっていきますよね。

古くから言い伝えられている
「無病息災の願い」としてかぼちゃを
食べるのはいいかもしれません。

「迷信だ」と思っていたことでも、
意外と理に適っていることもあるんですね。

スポンサードリンク

 - 冬至 , ,